FC2ブログ

読書メーターまとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:735
ナイス数:139

本の画像を大きくしました。見やすいかな?
小説書いてたせいで、目標を達成できてないですね。

ま、サマポケ発売されたんで、全力で楽しみましょう。
本は100分で名著の河合隼雄特集でいいや。


肉極道 1 (芳文社コミックス)肉極道 1 (芳文社コミックス)感想
腕がサッパリな肉料理屋に訪れたヤクザ風の男が、正しい料理法を指導する。肉料理はレシピ通り作っても美味しくないことが多いが、この漫画は違う。とにかく美味しい、柔らかい、ジューシー! 柔らかく焼けたステーキを食べた時は感動しました。調理の基本はじっくり、丁寧に、時間をかけて。強火で焼くと肉が固くなる上、水分と旨味が飛んで行ってしまう。
読了日:06月27日 著者:森尾正博,佐々木善章
「発達障害」と言いたがる人たち (SB新書)「発達障害」と言いたがる人たち (SB新書)感想
得意なこと以外はできず、社会不適合のような人が成功し、メディアでとりあげられた。そこから発達障害ブームが起こる。欠点が長所になるという救済的な物語に、コミュニケーションが苦手な人達はすがり付いた。私も若い時、自分の心の傷は純粋かつ唯一なものだから、特別な力を持っているはずだと自身に言い聞かせていた。
読了日:06月13日 著者:香山 リカ
女の子の設計図 (ひらり、コミックス)女の子の設計図 (ひらり、コミックス)感想
両親の離婚で離れて暮らしていた花南と青音が、再び共同生活を開始。親のイチャイチャぶりに愛想が尽きた花南に対して、可愛い女の子との共同生活に青音は喜ぶ。距離感の違いでぎこちない二人だけど、仲間はずれにされて不安がってる花南に「私がいるじゃない」と声をかけたとこから、関係が変わっていく。距離が近づいたり離れたりする度、お互いの気持ちが揺れ動くのが良い。他の3編も秀逸。「私の中の少年が、君に恋をしています」で恋の宿命性を表現したり、「私からは逃げられない」で関係性を逆転させたりして上手い。
読了日:06月11日 著者:紺野 キタ
ファウスト (まんがで読破)ファウスト (まんがで読破)感想
世の真理は教会の人間だけが知っていたとされる中世。ファウストはあらゆる学問を究めても真理に到達できず、友や恋人もいない人生を嘆いた。悪魔メフィストは彼に、魂と引き換えに若さを与える。悪魔はファウストに「人間にも神を越えられる」ことを見せて欲しかった。悪魔はもともと神だったが、戦いに負けて悪魔になった。人間の醜さを目の当たりにした悪魔だが、ファウストに希望を見出した。ファウストは最初、恋人を手に入れる為に家族を殺したが、最後は世の人のため、街を作った。理性の力だ。理性には世界を変えるエネルギーがあるのだ。
読了日:06月04日 著者:ゲーテ,バラエティアートワークス

読書メーター
スポンサーサイト