FC2ブログ

即興小説バトル反省(見る)

↓をクリックして読んで下さい
『見る』

良くなかったところ


「その後、海風が声を吸収してしまったが、声の残り波みたいなものがまだ漂っているような気がした」


 『その後』は要らない。『海風が吸収する』は、日本語が変だ。
 『その声は海風に掻き消されたが、暫く僕の頭の中で反響していた』かな

「海鳴りのように捲し立てて喋った」


 日本語が変。
 海鳴りの音はこんな感じ。
 『海鳴りのように身体の芯に響いた』かな。

「SEの仕事をクビになった」


 どういう人間がクビを切られるのか、きちんと知ったほうが良いと思う。
 人間は自分の経験を通して小説を読む。読者の経験にできるだけ近づけるよう、普遍的なことを書くのがいい。

「大学の授業でそんな話を聞いたことがある気がした」


 『見ようすると見えなくなる』という話のことであって、仕事のことではない。勘違いさせるので注意。
 こういう書き忘れはよくある。後で書こうとして飛ばしてしまい、結局そのままにしてしまう。プログラミングのIDEみたいにTODOをつける機能はないので、メモ帳にでも書いておくしかないだろう。

「海は複雑な色で交じり合っていた。青と赤にこんなにたくさんの種類があるのかと、僕は感心した」


 このゴマカシ描写は良い閃きだと思ったが……しっかり書くべきだったかな?

「すると、急に頬にあたる風がビリビリと訴えかけ出した」


 唐突すぎる。
 『何分かそうしていると、頬にあたる風が急に強くなった』かな。
 海には物や壁が少ないので、風が吹くと部分的な圧力を感じることはない。もっと大きな範囲の圧力を感じるものだ。

「僕は自分の意志で、働きがいよりお金を選んだ。昔も、今も、これからもそうだ」


 クビになったときの説明で「働きがいよりお金」と、きちんと書くべき。
 やりたくない仕事だったとか、親睦会に行くのはお金が勿体無いとか。

「では……貴方が私を監視するのですね」
僕は足元に力を込めて、直ぐに返事をした


『そうしないと、震えて声が出そうになかったからだ』を追加。

「ふと隣を見ると、若者が立っていた。彼は僕に気づくこともなく、靴と靴下を脱いだ。そして、靴の中に靴下をつっこむと、綺麗に揃えた。そして、薬を飲み、海へと飛び込んでいった。しかし、あの若者は、海の中へは入っていけないだろう。そんな気がした」


 靴下のためだけに書いたトコ。自殺する時って、靴下脱がないよね?

 ラストの3行は変えたい。
 仕事よりお金を重視する主人公を揺さぶりたい。
 お金が人の死によって賄われてることを知れば、多少は考えが変わるはず。
 『与える物が無い人間は奪われ続ける』と主張するのも面白い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

なるほど~

私は、その几帳面さというかなんか神経質的な最後の三行がすごいドクリとしてて面白いと思いましたよ。

追記

ありがとうございます。もしかしたら最後の3行は、海に飲まれた3人が可哀想だと思って追加したのかもしれません。無駄死じゃなかったことを強調するために。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)